2018年 アーニホール イベント情報

 

年2回のシンポジウムの日程が変更になります!

これまで、1月、7月の第3土曜日に開催していたシンポジウムを、4月、10月の第3土曜日に変更。

今後の機関誌発行は6月10日と12月10日に、北沢杏子のニューズレターは3月10日、9月10日発行となります。

★日程・テーマが変更になりました★

2018年「性を語る会」第113回シンポジウム

4月21日(土)13:00〜17:00 於アーニホール

   
いまこそ子どもたちに伝えたい!「性と生」  
―性教育バッシングの中で―

◆ 「性教育は人権教育」の信念で貫いた50年!その闘いを語る―
 パネリスト 「性を語る会」代表 北沢杏子

◆ 性教育バッシングは2005年、七生養護学校の「こころとからだの教育」裁判から始まった!
  さまざまな性教育論文を読破―そこからわかってきたことは?
 パネリスト 渡邊好造さん 特別支援学校教諭

◆ 東京都助産師会が「生・性を語るエデュケーター認定制度」を立ち上げた理由とその実践報告
  現在、小中学校の要請により「生・性の授業」を行っているが、助産師の立場からの授業は好評―
 パネリスト 岩佐寛子さん 東京都助産師会 いのちの教育委員

 

参加費 ¥1,500(資料代・お茶代含む / 「性を語る会」会員¥1,000)

お問い合わせ 「性を語る会」事務局 03-3708-7326 (祝日を除く月〜金曜日9:00〜17:00) 

アーニホールへのご案内

 


2017年 アーニホールイベント 〜たくさんのご参加、ありがとうございました〜

1月21日(土) シンポジウム  「障害者権利条約」は、守られているか?

7月15日(土) シンポジウム  性暴力、性被害に対し 声を上げやすい社会に!「性犯罪」が改正されます!


2016年 アーニホールイベント 〜たくさんのご参加、ありがとうございました〜

1月16日(土) シンポジウム  性的少数者 LGBTと語ろう!

7月16日(土) シンポジウム  知っていますか?「ネット依存症」の現在! !


2015年 アーニホールイベント 〜たくさんのご参加、ありがとうございました〜

1月17日(土) シンポジウム  『男の子の性教育』

7月18日(土) シンポジウム  思春期のこころとからだ


2014年 アーニホールイベント 〜たくさんのご参加、ありがとうございました〜

1月18日(土) シンポジウム  親子で話そう性のこと愛のこと

7月19日(土) シンポジウム     『 すべての人が住みやすい社会をめざして! 』


2013年 アーニホールイベント 〜たくさんのご参加、ありがとうございました〜

1月26日(土) シンポジウム  大切ないのちといじめ ――私たちが、いま考え、実行しなければならないことは――

7月20日(土) シンポジウム     知的障害、発達障害児・者と学ぶ 司法と福祉の連携


2012年 アーニホールイベント 〜たくさんのご参加、ありがとうございました〜

1月28日(土) シンポジウム  知的障害児・発達障害児と学ぶ性教育  ―思春期を迎えた子どもたちの性的関心・行動にどう対応するか―

7月21日(土) シンポジウム  知的障害児・発達障害児と学ぶ性教育  ―思春期・恋愛・結婚のサポート―


2011年 アーニホールイベント 〜たくさんのご参加、ありがとうございました〜

1月29日(土) シンポジウム  少年非行の背景をさぐる――現在のままでいいのか?家庭・学校・社会――

4月23日(土) シンポジウム  セカンドチャンス――被害者・加害者が共に向きあう社会とは?――

7月30日(土) シンポジウム  少年に死刑判決、これでいいのか?裁判員裁判


 

2010年 アーニホールイベント 〜たくさんのご参加、ありがとうございました〜

1月23日(土) シンポジウム  児童虐待――その社会的背景と支援――

3月13日(土) シンポジウム  『改定』臓器移植法を考える

7月31日(土) シンポジウム  非行少年・少女の性行動―その「育てなおし」と支援―

10月30日(土) シンポジウム  障害者権利条約と特別支援学校・学級の現在



 

2009年 アーニホールイベント 〜たくさんのご参加、ありがとうございました〜

 1月17日(土) どう対応する?ケータイ・ネット・ゲーム世代の子どもたち

 3月14日(土) 大麻はキケン なぜ

 7月11日(土) 知的障害児・者への性教育―なにを、どう伝えるか?―

 8月22日(土) 犯罪少年の社会復帰への支援


アーニ出版トップページへもどる

「北沢杏子と性を語る会」へもどる