S01_028.gif (1845 バイト) 機関誌「あなたとわたしの性」(バックナンバー) 

1部500円  お問い合わせは、「性を語る会」事務局 Tel 03-3708-7326 まで

特集タイトル 発行日
110号 知っていますか?「ネット依存症」の現在!!  (前園真毅、吉永陽子、北沢杏子)  2016/9/10
109号 性的少数者LGBTと語ろう!  (中川重徳、原ミナ汰、熟田桐子、松尾ゆみ、けんたろう、マルセル、北沢杏子)  2016/4/10
108号 思春期のこころとからだ―なぜ反抗期になるのか?/社会問題としての児童虐待  (鍛冶美幸、山口修平、北沢杏子)  2015/9/10
107号 男の子の性教育―思春期のこころとからだ―  (五十嵐潤、吉田那津実、相澤林太郎、北沢杏子)  2015/3/10
106号 すべての人が住みやすい社会をめざして  (杉浦ひとみ、上川あや、北沢杏子)  2014/9/10
105号 親子で話そう 性のこと愛のこと  (五十嵐 潤、 前田典子、押田淑子、北沢杏子)  2014/4/10
104号 知的障害、発達障害児・者と学ぶ司法と福祉の連携―累犯障害者への支援―  (押田興将・キヨタカ・ヒロシ、浅野史郎、北沢杏子)  2013/9/30
103号 大切ないのちといじめ  (細山貴嶺、松村直人、武田さち子、北沢杏子)  2013/3/10
102号 知的障害児・者、発達障害児・者と学ぶ性教育  (赤石かなえ、石原千鶴子、冨高佳美、北川千鶴子、北沢杏子)  2012/9/10
101号 知的障害児・発達障害児と学ぶ性教育  (渡邊好造、中沢信吾、北沢杏子)  2012/3/10
100号 少年に死刑判決、これでいいのか?裁判員裁判  (横川和夫、中村すえこ、高橋敏子、北沢杏子)  2011/9/10
99号 セカンドチャンス!―被害者・加害者が共に向きあう社会とは?― (中村すえこ、片山徒有、北沢杏子)  2011/6/10
98号 少年非行の背景をさぐる (一野 隆、山田由紀子、北沢杏子)  2011/3/10
97号 「障害者権利条約」と特別支援学校・学級の現在 (渡邊好造、大谷恭子、南雲明彦、北沢杏子)  2010/12/10
96号 非行少年・少女の性行動―その「育てなおし」と支援― (佐野優、石澤方英、杉浦ひとみ、北沢杏子) 2010/9/10
95号 「改定」臓器移植法を考える (川見公子、野村祐之、長瀬哲也、北沢杏子) 2010/6/10
94号 児童虐待―その社会的背景と支援― (佐野優、山田不二子、岡田弥生、北沢杏子) 2010/3/10
93号 犯罪少年の社会復帰への支援 (井垣康弘、手出寿美子、北沢杏子) 2009/12/10
92号 知的障害児・者への性教育 (元七生養護学校教諭のみなさんと同校卒業生、中川重徳、小林和、北沢杏子) 2009/9/10
91号 大麻はキケン なぜ? (栗原久、千葉マリア、十枝晃太郎、北沢杏子) 2009/6/10
90号 どう対応する?ケータイ・ネット・ゲーム世代の子どもたち (ヤジマチサト、卜部美奈子、北沢杏子) 2009/3/10
89号 エイズの現在 (清水茂徳、赤枝恒雄、北沢杏子) 2008/12/10
88号 障害者権利条約と障害をもつ人びとの人権 (池田まり子、青海恵子、北沢杏子) 2008/9/10
87号 婚外子差別と子どもの人権 (菅原和之、土橋博子、斉藤百合子、浜子中村Perrsson、北沢杏子) 2008/6/10
86号 旧日本軍性奴隷制「慰安婦」問題16年間の記録―1991〜2007― 「性を語る会」設立21周年記念特別増刊号 2008/6/10
85号 いまこそ、性教育を!―逆風の中で― (内山裕子、中川重徳、小林和、北沢杏子) 2008/3/10
84号 あかちゃんポストがつきつけるもの (田中島晃子、荒井聡、松本聡子、ノリス恵美、吉川喜勝、北沢杏子) 2007/12/10
83号 発達障害児・者への理解と支援 (溝井啓子、溝井英一朗、溝井敏幸、南雲明彦、近藤誠、北沢杏子) 2007/9/10
82号 知っていますか?デートDV (山口のり子、堀口雅子、北沢杏子) 2007/6/10
81号 政治――女が違いを創る!(田中喜美子、和田好子、黒岩秩子、北沢杏子) 2007/3/10
80号 「心のノート」にみる閉塞感と、その打開法(伊藤哲司、堀口貞夫、堀口雅子、北沢杏子) 2006/12/10
79号 「障害者自立支援法」は、どう展開されたか(北川千鶴子・海老原宏美・北村小夜・北沢杏子) 2006/9/10
78号 10代の性感染症・人工妊娠中絶の いま!(佐々木静子・小竹久美子・堀口雅子・北沢杏子) 2006/6/10
77号 教育基本法「改正」と日本の教育のゆくえ (北村小夜 片桐健司) 2006/3/10
76号 「発達障害児特別支援教育」その問題点を考える (名谷和子 井澤泉) 2005/12/10
75号 女性学の視点で読む高村光太郎/夏目漱石  (対談 駒尺喜美・北沢杏子) 2005/9/10
74号 子どもへの性犯罪と性教育の重要性  (河野通宏 吉田タカコ) 2005/6/10
73号 子どものためのシェルター『カリヨン子どもの家』  (坪井節子 内田晶子) 2005/3/10
72号 どうする?次世代の子どもたち─出生前診断の問題点他
(染色体起因しょうがいじの親の会FLC 大野明子 松崎早苗 常石敬一
2004/12/10
71号 障害をもつ人びとの豊かな暮らしの支援
(滝澤俊幸・霧の団六・北沢杏子・北川千鶴子・関まどか
2004/9/10
70号 10代に知らせたい!性感染症とエイズ
(堀口雅子・佐々木静子・小竹久美子・池上千寿子
2004/6/10
69号 子どもの犯罪の背景を読み解く─厳罰では誰も救われない
  (石井小夜子・横田信行)
2004/3/10
68号 性教育最前線!!PARTU どうなる?人類の未来 ──バイオテロ他──(常石敬一・福本英子・栗原久) 2003/12/10
67号 もう施設には帰らない!──障害者の自己決定── (鎌田らん子・北川千鶴子・関まどか・池田直樹・野沢和弘) 2003/9/10
66号 『援助交際』の心理と処罰新法(案)を読み解く(金文淑・丸山慶喜・明珍美紀・守屋典子) 2003/6/10
65号 「女たちよ解放されよう!」─DV(ドメスティック・バイオレンス)─(金文淑・丹羽雅代・佐々木静子・小竹久美子) 2003/3/10
64号 性教育最前線!「生命操作と性・生殖」(福本英子・武田玲子・栗原久・北沢杏子)  2002/12/10
63号 教育基本法改正(悪)と障害をもつ子どもの人権(根津公子・片桐健司・杉浦ひとみ 2002/9/10
62号 10代に知らせたい!STD(性感染症)(武田玲子・岩室紳也・北沢杏子 2002/6/10
61号 環境ホルモンと性・生殖(牧野賢治・小島正美・武田玲子・宮田秀明 2002/3/10
60号 第3回「薬物」エデュケーター養成講座(宮田律・山本ゆり・栗原久・東京ダルク) 2001/12/10
59号 障がい者欠格条項撤廃をめざして
(金政玉・古賀恵里子・藤田保・野沢和弘)
2001/9/10
58号 おんな・おとこの二分法を超えて──さまざまなセクシュアリティ──
(虎井まさ衛・原科孝雄・蔦森樹)
2001/6/10
57号 不処罰の連鎖を断つ─女性国際戦犯法廷報告─(松井やより/尹貞玉/松岡澄子/北沢杏子 2001/3/10
56号 第2回「薬物」エデュケーター養成講座(高橋裕子/宮下裕/樋田洋子/栗原久/東京ダルク/小森栄) 2000/12/10
55号 知的ハンディをもつ人びとへの法的支援とケア
(北川千鶴子/飯野美保子/平島武文/野沢和弘/児玉勇二)
2000/9/10
54号 子ども虐待─なぜ手をあげてしまうのか─(安藤由紀/広岡智子/信田さよ子/高橋温) 2000/6/10
53号 性の多層性─トランスジェンダーと性のあり方─(山内俊雄/森野ほのほ/虎井まさ衛/野宮亜紀) 2000/3/10
52号 「薬物」エデュケーター養成講座(伊佐山芳郎/栗原久/小林賢二/中野暢子/水谷修/吉永陽子)鎬 1999/12/10
51号 10代の性暴力被害とケア─教育/医療/法律の立場から 
(小寺山三左子、太田陽子、佐々木静子、小竹久美子、岩城正光、金文淑)
1999/9/10
50号 レズビアン・スタディーズ(池田久美子、富岡明美、LOUD/白川加世子、平木直子他) 1999/6/10
49号 同性愛者・異性愛者の連帯(AGP/平田俊明、白川加世子他、アカー/風間孝、河口和也) 1999/3/10
48号 第9回 性教育実践講座─エイズエデュケーター36時間セミナー PART3─
(根岸昌功、堀成美、清水茂徳、高村寿子、北沢杏子)
1998/12/10
47号 いじめ・ナイフ─少年法改正(悪)案と子どもの人権─(村山裕、坪井節子、山下英三郎)  1998/9/10
46号 薬物─シンナー・覚せい剤他─(深瀬純章、幸田実、東京ダルク) 1998/6/10
45号 「ナヌムの家」─日本軍 元「慰安婦」との日々─(慧真、池田理恵子、伊藤孝司) 1998/6/10
44号 中学校教科書と「慰安婦」問題(根津公子、金文淑、松井やより) 1998/3/10
43号 第8回 性教育実践講座─エイズエデュケーター36時間セミナー─
(宗像恒次、大石敏寛、岩室紳也)
1997/12/10
42号 トラウマ(心的外傷)─家族機能を考える─(斎藤学、吉永陽子) 1997/9/10
41号 障害をもつ人びとの性の権利と支援(大井清吉、嶺井正也) 1997/6/10
(1999/12/10増刷)
40号 性の自己決定権(海老原夕美、桃河モモコ) 1997/3/10
39号 第7回 性教育実践講座─エイズエデュケーター36時間セミナー─
(池上千寿子、吉永陽子、保田行雄)
1996/12/10
38号 沖縄を考える(高里鈴代、金城清子) 1996/9/10
37号 国家と暴力─北京女性会議報告─(林郁、朴容コウ、山崎ひろみ、秋山洋子) 1996/6/10
36号 エイズ・教育・人権10─同性愛者の権利─(ジェイ・イナエ、大石敏寛、中川重徳) 1996/3/10
35号 第6回 性教育実践講座─「子どもの権利条約」を読む─
(鯨京真知子、戒能民江、吉田要介)
1995/12/10
34号 あなたが悪いのではない─性暴力を受けた子どもたちへのカウンセリング─
(田上時子、グループCAP)
1995/9/10
33号 女のからだ・健康と権利─カイロ国際人口/開発会議報告─
(安積遊歩、青木やよひ、原ひろ子)
1995/6/10
32号 エイズ・教育・人権9─薬害エイズを追う─(川田悦子、保坂渉、清水勉) 1995/3/10
31号 第5回 性教育実践講座─これでよいのか男女共学家庭科─
(紙子達子、星野澄子、竹森茂子)
1994/12/10
30号 エイズ・教育・人権8─カウンセリングマインド─(山下柚実、吉永陽子) 1994/9/10
29号 エイズ・教育・人権7─知的ハンディをもつ人のセクシュアリテイとエイズ─
(鈴木幸子、石原千鶴子、松崎千鶴、堀成美、水野翔子)
1994/6/10
28号 エイズ・教育・人権 パート6─私はなぜ、性交・コンドームを教えるか─
(山本直英、村瀬幸浩)
1994/3/10
27号 第4回 性教育実践講座─からだ・わたしたち自身─
(河野美代子、吉永陽子、丸本百合子、石橋初子)
1993/12/10
26号 エイズ・教育・人権 パート5─エイズと法律そして鎮魂─
(中川重徳、平田豊、斉藤洋、清水勉)
1993/9/10
25号 エイズ・教育・人権 パート4─告知・カウンセリング・サポート─
(井本園江、動くゲイとレズビアンの会・アカー、葉月いなほ、安永幸二郎、清水勉)
1993/6/10
24号 エイズ・教育・人権 パート3─エイズとともに生きる─(南定四郎、根岸昌功、岩室紳也) 1993/4/10
23号 第3回 性教育講座─女性と労働─(金井淑子、金谷千慧子、仙田典子) 1993/2/10
22号 エイズ・教育・人権 パート2─エイズとともに生きる─(清水勉、桜井賢樹) 1992/12/10
21号 エイズ・教育・人権 パート1─エイズとともに生きる社会づくりをめざして─
(広瀬泰久、伊橋幸生、山沢真理子、武田敏)
1992/9/10
20号 買う男・買わない男
(三井マリ子、柳連淑、船橋邦子、山口典子、朴和美、浅野史郎、土井良多江子、谷口和憲他)
1992/6/10
19号 いよいよ始まる! 小学校の性教育(石川哲也、紙子達子、堀口雅子他) 1992/3/10
18号 学ぼう、語ろう! 女性学と性
第2回 性教育実践講座(井上輝子、加藤春恵子他)
1991/12/10
17号 戦争と性「従軍慰安婦」PARTU(林郁、彦坂諦他)
各地に広がる「性を語る会」
1991/9/10
16号 産む、産まない、産めないは女が決める!(青木やよひ、石塚友子他) 1991/6/10
15号 性の深層心理(角田由紀子、河野貴代美他) 1991/3/10
14号 学ぼう、語ろう! 女性学と性
第1回 性教育実践講座(國信潤子、船橋邦子、安積純子他)
1990/12/10
13号 国家という名の沫ヘ「従軍慰安婦」(朴壽南、山下英愛、高月雅子他) 1990/9/10
12号 はじまりました! ホール活動
市ぐるみの性教育・塩山市保健課の取組み
1990/6/10
11号 法によって守られているか?子供の性と人権(保坂渉、関原勇、船橋邦子他) 1990/3/10
10号 いま語ろう! 性と生 北沢杏子の性教育25年の歩みと各地の活動 1989/12/10
9号 障害児(者)の性教育(安積純子、大井清吉他) 1989/9/10
8号 10代の中絶を考える(長池博子他) 1989/6/10
7号 なんだろう!?親子・結婚・家族(金住典子、村瀬幸浩他) 1989/3/10
6号 性教育は、いま 全国1万校アンケート 1988/12/10
5号 売買春を考える・女の人権と性(高橋喜久江、井田恵子他) 1988/9/10
4号 性についてなんでもわかっちゃう展(品切) 1988/7/23
3号 ポルノグラフイーを斬る!(田川建三、駒尺喜美、船橋邦子他) 1988/4/30
2号 エイズと闘う(品切) 1987/12/10
1号 出産(品切)

1987/9/30

 

トップページ「北沢杏子と性を語る会」へもどる