アトリエ風景(2011年10月更新)
世田谷区用賀にあるアトリエはアーニ出版の隣です。
このアプローチの奥の左側にアトリエがあります。

アプローチの変遷!

アトリエ改築当初のアプローチ

 

 

春、ハナニラでいっぱいになり…。 

 

 

 

 

 

 

 

       ↓
         

 

今現在はこんな感じ。
いろいろな花や樹が茂っています。

 ←

夏。こんもりと緑のアーチができました。       
  


アプローチの奥に愛用の自転車


   大きな扉をあける……
いつでも絵を描く準備OK。

パレットは今、こんな感じ。

壁一面の絵(1Fのアトリエ)。

 

長谷川さんの一日
  朝、出勤前、ちょっとの時間でもキャンバスに向かいます。会社の隣がアトリエなので、昼食に戻りますが、昼食後、また、キャンバスに向かいます。夕方仕事から帰って、またちょっと絵が気になり、キャンバスへ。要するに、早い話がいつでも絵を描いています。

 

この階段をあがって2Fに行ってみます。

2Fは生活空間ですが──


壁にはってあるのは、水彩画。


棚にはオブジェがいっぱい。(左の画像)

 

 

場所があれば、どこにでも絵を貼ってしまいます。

 

トップ頁へ    

2017年4月個展より  2016銀座和光グループ展出品作品      アトリエ風景   オブジェたち  

表紙(図録)画像の紹介(UP)  初めての郷里での展覧会(2006年)