Cut_097.gif (10341 バイト)  DVD Cut_097.gif (10341 バイト)


 

思春期の性知識シリーズ

1巻 思春期のからだの変化と性的成熟
―性的少数者 LGBTと共に歩む時代―

◆性教育 ◆中学校以上用 ◆23分

 思春期のからだの変化、女子の排卵・月経、男子の精通・射精など、中学生に必要な「性の知識」をわかりやすく伝える。性的少数者LGBTについてもふれ、偏見・差別のない社会を目指す。月経不順やマスターベーションなど、男女それぞれの質問にも答えます。

一般財団法人 日本視聴覚教育協会 平成28年度 優秀映像教材選奨

優秀作品賞 受賞

制作者・北沢杏子より 

 思春期の急激なからだの変化は、突然、驚きと混迷の中で起こってきます。特に女子の「初経」、男子の「精通」は、事前に科学的に正しく知ることによって、その不安を払拭できると私は考え、この教材を制作しました。
 一方、まだ月経や精通を体験していない生徒からは、「ピアプレッシャーが辛い」との声を聞くかと思えば、既に経験している生徒たちは、メディアによるわいせつな情報として、吹聴しまくっているとも。
 そこで私は、こうしたからだの変化は、「大脳の視床下部から、下垂体前葉に向かって“性腺刺激ホルモン”分泌を促す指令によって起こる」。つまり、脳の命令によって惹起する―と強調しました。
 また、めったに見ることのできない内性器(女子―子宮・卵管・卵巣・膀胱・クリトリス・尿道口・腟口、男子―膀胱・前立腺・精管・肛門)の科学的な作画を示しました。こうした正確な名称と位置を知れば、メディアの歪められた過剰な性情報など、消しとんでしまうはずです。

 そして更に、現在“日本人の13人に1人はいる”という性的少数者LGBTについて説明し、国連の「世界人権宣言―すべての人間は生まれながらに自由であり、尊厳と権利において平等」であるとの文言を加え、差別や、いじめなどのない、共に歩む次世代への希望を伝えたのです。
 後半の女子の質問、男子の質問は、思春期の生徒たちの誰もが悩む、仮性包茎やマスターベーション、ダイエットや月経不順に回答すると同時に、将来に備えて、性感染症の予防やHIV/AIDSへの警告も織り込みました。 
 指導される先生方のご理解と、オープンで大らかなご指導に、期待しています。

監修 栗原 久 (医学博士・神経行動薬理学)
協力 岩室紳也
(ヘルスプロモーション推進センター代表)
   堀口貞夫
(元・愛育病院院長)
   堀口雅子
(元・虎ノ門病院産婦人科医長)


採録シナリオ

ナレーション(以下N) これは、思春期の皆さんのからだの成長を、科学的に、正しく学ぶ教材です。みんなのからだは、どんなふうに変ってきたのかな?
 女子は乳房がふくらみ、ヒップが広くなって、わき毛や性器のまわりにも毛がはえてきます。また、外性器も成熟して、全体にふっくらした体つきになってきます。


N 男子は、のどぼとけが出てきて“声がわり”が始まり、口ひげやあごひげ、わき毛、すね毛などがはえ、外性器も成熟して、がっしりした体格になってきます。
 こうした思春期のからだの変化は、なぜ、起こるのか?
その仕組みについて、説明しましょう。

N これはみなさんの脳の断面図です。
 思春期の成長をうながすのは、この「脳」から始まるんですよ。まず、視床下部から下垂体前葉に向かって「性腺刺激ホルモンを出せ!」という指令が送られます。


 性腺刺激ホルモンは血液によって運ばれ、男子の場合は精巣に、女子の場合は卵巣に働きかけます。すると、そこから男性ホルモン、女性ホルモンが分泌され、血液に混ざって体中に運ばれると……このように大人に向かっての、からだの変化が、あらわれてくるのです。

■女子の性的成熟
N
 これは、女子の内性器を正面から見た図です。ふつう、おなかの中は見ることができないので、よく覚えておこうね。
 ここが子宮、そして卵管と卵巣。2つの卵巣は、あかちゃんのもとになる、卵子が成熟するところです。思春期のみなさんの子宮は、鶏の卵よりちょっと小さいくらいの大きさです。ここが子宮口、腟、腟口です。


 子宮と卵管、そして卵巣は、こんなふうに、がっしりした骨盤で守られています。思春期になってヒップが広くなってきたのは、この骨盤が発達してきたからなんですね。
 これは内性器を横から見た図です。子宮、卵管、卵巣、そして子宮の下にあるのは膀胱です。クリトリス、尿道口、腟口、肛門と並んでいるのがわかりますか?
 卵巣は、ウズラの卵ほどの大きさで、思春期の女子の両方の卵巣には、それぞれ、約20万個ずつの「卵母細胞」が入っています。
 これは、卵巣の断面図。中央に見える卵母細胞に、「卵胞刺激ホルモン」が作用すると、卵胞の中の「卵子」が成熟します。卵胞は成熟した卵子を入れたまま、卵巣の表面に移動します。すると……不思議!不思議! 卵管の先の卵管采が覆いかぶさって卵子をキャッチ!卵管に送り込むのです。これを「排卵」といいます。
 卵子は直径0.14mm。やっと見える、砂粒くらいの大きさです。
 排卵された卵子が受精できるのは、24時間以内といわれています。
 その間に、男性から射出されたたくさんの精子の中の、1個だけが受精し、受精卵となります。
 これが、電子顕微鏡で見た受精の瞬間!受精すると、このような受精卵となります。これが新しい「いのち」の始まり!

 一方、排卵のころをピークに、子宮内膜は、「黄体ホルモン」というホルモンの働きで、血液や栄養分をたっぷり含んで厚くなっています。
 なぜ厚くなるのかって?
 それは、排卵された卵子が受精卵になった場合、子宮内膜に着床できるように、つまり、ここで育っていくための、柔らかいベッドの用意をするのです。
 でも、みんなが、あかちゃんを産むのは、ずっと先のこと。
 なので、受精しなかった卵子は吸収されてなくなってしまうし、子宮内膜の厚くなった部分もいらなくなって剥がれ落ち、体の外に押し出されてきます。これが「月経」で、初めての月経を「初経」と呼んでいます。
 月経が始まる年齢は、このグラフのようにいろいろ。早くても遅くても、心配は、いりません。
 月経は、初めのうちは不規則なので、毎月、「何日にあったか?」など、
“月経メモリー”をつけましょう。
 そのうち、ほぼ28日毎に1回とか、30日毎に1回といったように、比較的正しくくるようになるはず。これを「月経周期」といいます。
 もし、この周期が、いつまでも不規則だったら、産婦人科の先生に相談しましょう。


■男子の性的成熟
N
 では、男子の話に移ろう―これは、男子の内性器と外性器を、正面から見た図。ふつう、おなかの中は見ることができないので、よく覚えておこう。
 上から、膀胱、前立腺、精管、精巣、そして中央にあるのがペニス。日本語には、陰茎という言い方もあるけれど、ここではペニスって呼び方にするよ。これは、同じ内性器を横から見た図。上から、ぼうこう、精管、ペニス、精巣、そして、直腸と肛門です。


 この「精巣」に、さっき説明した男性ホルモンが働き、あかちゃんのもと、「精子」が作られるようになるんだ。
 精巣の中は、このように小さなたくさんの部屋に分かれていて、細くて長い精細管が、ちじれた状態で並んでいます。
 これが、精細管の断面図。精子になる「精母細胞」がぎっしり詰まっているのが、わかりますか。1個の精母細胞は、2つ……4つへと分裂し、ほら、こんなふうに精子になっていくんだ。
 精子は精巣の中で、休むことなく、1日に5千万から8千万個も作られています。そして、「精細管」の中を、ただようように移動して……精巣上体へと進み、ここで約60日ぐらいかけて、立派な精子に成熟します。
 成熟した精子の長さは0.06mm。長いしっぽを動かして、精管の中を泳いでいきます。精管は、前立腺の中で尿道と合わさっています。
 精のうと前立腺からは、白い液体が尿道に送り込まれ、精子に、栄養と活力を与えます。この白くてねっとりした液体を、「精液」といいます。
 精液は、勃起したペニスから射出されます。これを「射精」といって、初めての射精を「精通」と呼んでいます。
 どうして勃起するのかって?
 ペニスの中は、3本の、海綿体というスポンジのような組織でできていて、ふだんは柔らかくなっています。ところが、マンガやネットなどで、性的な場面を見たり、空想したりすると、その興奮がすばやく、脳の視床下部から勃起中枢に伝えられる。すると、ペニスの海綿体に、どっと血液が送り込まれて、固く立つ仕組みになっているんだ。

 眠っている間に精液が飛び出して、びっくりすることもあります。これが「夢精」。目が覚めてから思い出すと、“性的な夢を見ていた”ということも少なくないので、夢精と呼んでいるんだ。
 夢精の後の、精液のついた下着は、こんなふうに水洗いして、ぎゅっと絞ってから洗濯カゴに入れておくのが、エチケットだよ。
 射精や夢精が起こる年齢は、このグラフのように、いろいろ。早くても遅くても、心配はいりません。


■性的少数者LGBTってなに?
N
 LGBTって、知っていますか?


 この社会には、異性を好きになる異性愛の人だけでなく、いろいろな「性的指向」をもった人がいるのです。
 LGBTの「L」はレズビアン、「G」はゲイ、「B」はバイセクシュアル、「T」はトランスジェンダーの頭文字です。
 レズビアンは、女性同性愛者。ゲイは、男性同性愛者。バイセクシュアルは、愛する相手が、同性の場合も、異性の場合もあるという、性的指向をもつ人。トランスジェンダーは、体の性と心の性自認が一致しない人のことです。こうした人びとのことを、「性的少数者」と呼び、現在、日本には、“13人に1人いる”と推定されています。
 つまり、みんなのクラスにも、LGBTの子が1人か2人は、いるかもしれない。
 でも、みんなは、その子たちが少し変っているからって、差別したり、いじめなんかしないよね?
 国連の「世界人権宣言」にあるように、「すべての人間は生まれながらに自由であり、尊厳と権利において平等」 なのです。
 そう、(出産の実写)みんな一人ひとりが、こうして生まれてきた「かけがえのないいのち」なのだから。

■女子の質問
 では、女子の質問。答は、4人の専門家の方々(栗原久先生、堀口雅子先生、堀口貞夫先生、岩室紳也先生)からお聞きした内容を、わかりやすく説明します。質問するのは、生徒の代表の一人です。

女子Q なんか、胸が小さくて恥かしいんだけど。胸の谷間がないと、ちょっとカッコ悪いし……
 これは乳房の断面図。ここが「乳腺組織」、そのまわりを包んでいるのが「脂肪組織」です。将来、あかちゃんが欲しいと思う人は、外から見て小さくても、乳腺組織が発達した乳房のほうが、母乳がよく出て、あかちゃんにとってハッピーな乳房なんですよ。
 胸の大小は、それぞれの「個性」。小さいからって、恥かしいことでもないし、まして、胸に谷間があるほうが魅力的なんて……メディアの影響じゃないのかな?

女子Q 部活の練習がハードで、生理がこなくなっちゃったみたいなんだけど……。
 スポーツの激しい練習や、競争心などのストレスが原因かもしれません。というのも、ストレスが、卵胞ホルモンの分泌を抑制して、排卵しなくなり、月経が止ったり、放っておくと無月経になることもあります。

女子Q ダイエットしたら、月経が止っちゃったみたいなんだけど、大丈夫ですか?
 これは脳の図です。ふつう、この摂食中枢が「お腹がすいた」と、指令を送ってくると、空腹を感じて食事をするんだけれど、ダイエットに夢中になっていると、前頭前野が「ダイエット中だからダメ!」と命令する。
 こうした葛藤が繰り返されていると、だんだん栄養失調となり、無排卵・無月経となるのです。
 ダイエットの場合も、その前のスポーツの場合も、もし、月経が3ヵ月以上遅れるようだったら、産婦人科の先生に相談しましょう。


女子Q 性病って、どんな病気ですか?どんなことで、うつるんですか?
 これは何だと思いますか?これが、性感染症の病原体の、顕微鏡写真です―。こんなにたくさんあるんですよ。
 性感染症は、主に、性的接触、性交で感染します。
 いま、若い人の間で最も多いのは、この「性器クラミジア」の感染症です。感染すると、女子の場合は「子宮内膜炎」、「卵管炎」などになって、将来、あかちゃんが欲しいときに、「習慣性流産」とか、「不妊症」、「子宮外妊娠」などになる可能性もあると言われています。
 このような情報をよく知って……、
女子 「自分の健康は自分で守る!」
 そう、ふだんから、その心がけが必要です!


■男子の質問
 次は、男子の質問。質問するのは、生徒の代表の一人です。

男子Q ペニスの先の皮がかぶっていて、心配なんだけど。
 ペニスを包んでいる皮を「包皮」っていうんだけど、日本人は、大人でも半分以上の人が、普段は包皮がかぶさっている「仮性包茎」なんだよ。
 ただ、そういう場合は、お風呂に入ったとき、少しずつ包皮をひっぱってむき、また元に戻して、翌日もむく……そのうち、すっかりむけて、「亀頭」が出てくるようになったら大丈夫。
 亀頭が出てきたら、下のほうの、「冠状溝」というくびれたところを洗おう。そこに、垢がたまると、「亀頭包皮炎」などになることもあるので、毎日……、
男子 「皮をめくってよく洗う!」
 そう、それを実行しよう。

男子Q えーと……、マスターベーションって、1日に何回までやって平気ですか?なんか、悪いことしてるみたいな……恥かしい……っていうか……。
 いや、悪いことでもなんでもないよ。
 男子の精巣では、1日5000万から8000万もの精子が作られているんだったね。なので、それを射出したいという欲求が起こるのはあたりまえ。マスターベーションは、その性欲をコントロールするための方法で、このグラフのように、誰もが経験していることなんだよ。
 ただし、プライベートな場所で、清潔な手で行うこと。悩んだりなんかしないで、「俺は“性の自己管理” ができる、しっかりした男だ!」と、自信を持とう。

男子Q エイズって、どんな病気ですか? どんなことで、うつるんですか?
 これが、私たちの体を、細菌やウイルスから守ってくれている、白血球の一種「ヘルパーT細胞」の電子顕微鏡写真。表面に、細かいじゅう毛が、密集しているね。
 これ(右)が、エイズウイルス=HIVが侵入した、ヘルパーT細胞。表面にたくさんのウイルスがついているのが、わかるかな?
 エイズウイルスをHIVといいます。HIVに感染した人を「HIV感染者」、
HIVに感染したため、ヘルパーT細胞が破壊されて免疫力が落ち、いろいろな病気が発症した人を「エイズ患者」といいます。
 感染の80%は「性行為」によるもので、こんなふうに、複数の人と性的接触をすると、どんどん広がっていくので、注意が必要です。
 中でも1番多い感染経路は「MSM」といって、男性同士の性的接触。次が男女間の性交、3番目が「麻薬の注射のまわし打ち」となっています。
 HIVに感染すると、さっき説明したヘルパーT細胞がだんだん破壊されて、数が減っていき、血液1mm立方につき、その数が200まで落ちた時に、発症するといわれています。しかし、数年から、10数年も経ってから、発症に気づく人も少なくありません。
 でも、感染しても、いまは、さまざまな疾患を抑える薬が開発されているので、専門医の指示に従って服用することが大切です。
 将来、もし気になることがあったら、早めに検査を受けること。「早期発見・早期治療」が重要です。

 さあ、思春期のみんなは……
男子・女子 「自分の健康は自分で守る!」
 そう、女子も男子も、「自分の健康は自分で守る!」にむかって、
男子・女子 たくましく成長していきましょう!

税別価格 14,000円 (ライブラリー価格 各 28,000円)

思春期の性知識シリーズ 全3巻

ご注文は メール または ファックス で

→DVD一覧   →トップ頁へもどる