ご注文はメールでご注文またはご注文用FAX用紙で。

図書

性暴力被害をはねかえす絵本

好評の絵本です。

 

 

 

  

 

作品

内容は作品名をクリック!

1巻  いや!というのはどんなとき? 
2巻
 
知らない人にはついていかない
3巻 
わたしのからだはわたしのもの  (品切れ・絶版)

著・訳者

1巻   きたざわきょうこ/文  はせがわみずよし/絵      
2巻、3巻   リンダ・ウォルヴード・ジラード/作  きたざわきょうこなかにしまさひこ/訳 いまいゆみこ/絵

本文

各巻  32頁(240×210ミリ) 

対象              

1巻、2巻    対象/保育園・幼稚園・小学校低学年・養護学校
3巻        対象/小学校中・高学年

初版

1999年10月23日
定価(税別) 各巻  1,500円   
内容紹介

 

1巻    いや!というのはどんなとき?           →作品名へもどる

 おばあちゃんのおひざはふかふかしていいきもち。でも、あんまりぎゅっとだきしめられると いや!っていっておひざからおりるよ…… 
 どんなときにイヤ!と拒絶すべきなのか──なかにはイヤ!といえない子もいます。そんな場合は、立場を変えて(子どもがお母さんやお父さんになり、おとなが子どもになって)この絵本を読んでみましょう。そして、イヤ!といえない気持ちについて、ゆっくり、そしてたくさん話しあってみましょう。

 

2巻   知らない人にはついていかない     →作品名へもどる

 知らない人ってどんな人? 知らない人から電話や 玄関に誰か来たら? どこに逃げればいいの? うちの人に聞いておくことは?──れんしゅうもんだいとこたえつき。
 自分自身を誘拐や性的虐待(性被害)から守るために、「いやな感じ」を直感的に感じとれる子どもは、被害を受けにくいというデータもあります。保護者や先生の中には、このようなトレーニングは「人間不信につながらないか」と心配する人もいます。しかし、火災や地震の避難訓練と同じで、こうしたことは知らないよりは知っておいたほうが、より安全なのです。

3巻   わたしのからだはわたしのもの(品切れ・絶版)  →作品名へもどる

 わたしのたいせつなもの…わたしの日記・わたしのへや・わたしひとりのじかん──いい気持ちのふれあい・いやな気持ちのふれあい──ひみつにしないこと・わたしのからだはわたしのもの──れんしゅうもんだいとこたえつき。
 保護者と教師には、子どもの安全に対する重い責任があります。子どもたちの身体的な安全を確保するだけでなく、成長に応じて、「自分自身をどう守っていくか」を教えなくてはなりません。いつも子どものそばについて見守っていることは不可能だからです。

→もどる   →全図書一覧へもどる  →トップ頁へもどる